• MENU
  • Mail
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トロピカルテクノプラス

%e5%9b%b31

TOP 事業目的 実施体制 用途開発研究 共同企業体

 

greenmaterial1 事業目的

 

 ●沖縄県に新たなバイオ産業の創出を図るため、微生物の発酵により生産される(R)-3-ヒドロキシ酪酸(3HB)および、その類似物質の特性を活用し、有望分野における用途開発に関する基礎研究を実施、機能性原材料としての3HBの価値を向上させ、その需要の開拓を目指す。

 ●本事業では沖縄県工業技術センターから提供される3HBをもとに、以下の「グリーンマテリアル生産技術事業共同事業体」にて、それぞれ用途開発研究に取り組む。

 

 

greenmaterial1 実施体制

 

 ●本事業を実施するにあたり、甲南化工株式会社、金秀バイオ株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人九州工業大学および一般社団法人トロピカルテクノプラスの5機関からなる「グリーンマテリアル生産技術事業共同企業体」を構築して取り組む。これら各共同企業体に、当該業務に必要な専門的知識もしくは必要とされる能力を有する研究担当者を配置するとともに、沖縄県工業技術センターと密接な連携を図り、事業の円滑な実施を行う。

 

 

 

greenmaterial1 用途開発研究

 

 ●これまで、3HB の生成方法については、発酵法を用いる方法が主体であり、様々な糖質を
用いて様々な菌種との組み合わせにより生成する方法が検討されている。その中でも沖縄県
工業技術センターにおいてサトウキビ由来のショ糖を原料に、県内において採取・選抜した
菌を用いて、高効率かつ高純度の3HB の生成方法を確立している。
3HB の用途について近年は、プラスチック代替の原料のみならず、様々な機能性を有する
ことから多くの分野において利用価値が高まっている。そこで本事業では、参画する共同企
業体の有する研究成果および技術開発に関するノウハウを活かすことのできる機能性樹脂お
よび機能性食品の有望分野に絞り、用途開発に関する基礎研究を実施する。

 

MENU

沖縄健康バイオテクノロジー研究開発センター
沖縄バイオ産業振興センター