• MENU
  • Mail
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トロピカルテクノプラス

受託分析

藍藻毒・貝毒

 湖沼に異常発生する藍藻類は有毒物質である藍藻毒(ミクロシスチン等)を生産する事があります。この藍藻毒は 日本では環境基準の要調査項目や水道法の要検討項目に指定されています。藍藻類は、水源地を汚染するだけでなく、そこに生息する生物にも大きな影響を与えると考えられています。
 アサリやホタテなどの二枚貝は 海水中の有毒プランクトンを体内に蓄積する事で貝が毒化し 様々な貝毒(麻痺性・下痢性)を引き起こす物質が含まれている事があります。これらの有毒物質は、人を死に至らしめることもあり日本のみならず海外でも規制対象となっています。
 弊社では、藍藻毒及び貝毒の分析を受託しております。通常の分析に用いられる最新の分析機器はもちろんのこと、検体前処理のために必要な設備も保有しております。効率的かつ迅速な分析対応をさせていただいております。

藍藻毒・貝毒

使用機器 対応可能な藍藻毒•貝毒 検査例 測定料金
・液体クロマトタンデム型
質星分析装置(LC/MS/MS)
・湖沼に発生した藍藻類から、藍藻毒の有無を検査します。
・アサリやホタテ等の二枚貝から規制項目の貝毒(下痢性・麻痺性)の有無を検査します。
・沼に繁殖したアオコ中の藍藻毒検出
・湖沼の水に含まれる藍藻毒の有無を検査
・ホタテ中の下痢性貝毒の検査
・輸入アサリ中の下痢性貝毒の検査

¥23,000~
※1成分当たりの金額(前処理料金別途)